仮面女子・川村虹花、無念の一本負け…Yuko.S「簡単にはRIZINに行かせません」

2018年9月16日19時11分  スポーツ報知
  • 一本負けを喫した仮面女子・川村虹花

 ◆女子総合格闘技「DEEP JEWELS21」 ▽アトム級5分2回 〇Yuko.S(1回3分23秒チョークスリーパー)川村虹花●(16日、東京・新宿FACE)

 最強の地下アイドル・仮面女子の川村虹花(ななか、22)が、プロルール3戦目で、Yuko.S(ゆうこ/桐生祐子から改名、31)=BRAVE=に敗れた。

 6月に開催された「―JEWELS20」でプロルール2戦目にして、初ノックアウト、初勝利を飾った川村。この日も打撃で攻め込んだが、経験で上回るYuko.Sにチョークスリーパーをきめられた。

 前日の公開計量で、2大会連続の体重超過で再計量となった川村。数時間後の再計量はパスするも「今回の試合は挑戦。確実に練習してきたことを出したい」という言葉どおりにはいかなかった。

 昨年12月にMMA(総合格闘技)デビューした川村の戦績は2勝2敗1KO(アマチュアルール1勝含む)。

 Yuko.SはプロMMA歴2年半、この日の勝利で7勝6敗となった。試合後のマイクアピールでは「今日はたくさんの応援ありがとうございました。私もここまで来るのに、いろいろあったので、簡単にはRIZINに行かせません」と、川村に向けて言い放った。(松岡 岳大)

格闘技
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)