KUSHIDA、1月末での新日退団を発表…先輩・棚橋弘至の質問に涙

2019年1月7日14時28分  スポーツ報知
  • 先輩・棚橋からの意表をつく質問に涙をこらえるKUSHIDA
  • 退団を発表した後輩・KUSHIDAの会見を見守る棚橋

 新日本プロレスのKUSHIDA(35)が7日、東京・目黒の新日本社で会見を行い、1月末で契約満了、退団することを発表。海外進出の夢を明かした。

 2011年から約8年間所属した新日を辞める理由について「海を渡り、プロレスを隅から隅まで自分の目で見てみたい。この目で見てきたい」と説明。新日については「この会社が僕をプロレスラーにしてくれました。そして、何よりお客さんが言葉をかけてくれることによって、プロレスラー・KUSHIDAが形成されていると思っております。ありがとうございました」とファンに感謝した。

 質疑応答では、先に会見した先輩で、IWGPヘビー級王者の棚橋弘至(42)が、報道陣に紛れ込み、後輩の決断を見守った。棚橋が「新日本で楽しかったこと、つらかったことを教えてください」とKUSHIDAに質問を投げかける場面もあった。

 淡々と退団の経緯を説明していたKUSHIDAだったが、棚橋の意表をついた問いかけ、こらえきれず目頭を抑え、目に涙を浮かべ、「棚橋さん、ずるいです。つらかったことはないです。こんなにも最高の環境で、最高のお客様に恵まれ、めちゃくちゃ充実していた8年間でした」と振り返った。

 続けて、巡業のバスで隣席だったという棚橋との思い出を回想。「自分が選んだ道ですので後悔は全くない。とにかく楽しくて、最高だった。仲間と人生の旅を出来ることは楽しかった。後悔、悔いはないので矛盾の涙」と涙を拭った。

 KUSHIDAは4日の新日・東京ドーム大会で石森太二(35)に敗れ、IWGPジュニアヘビー級のベルトを失っていた。(山本 哲史)

格闘技
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ