ジェイ・ホワイト、棚橋弘至下しIWGPヘビー初戴冠…新日・大阪決戦全成績

2019年2月12日0時0分  スポーツ報知
  • 棚橋弘至を下し、IWGPヘビー級新王者となったジェイ・ホワイト

 ◆新日本プロレス「THE NEW BEGINNING in OSAKA」大会(11日、大阪・大阪府立体育会館、観衆5570人札止め)

 メーンイベントでIWGPヘビー級王者・棚橋弘至(42)が挑戦者・ジェイ・ホワイト(26)に敗れ、初防衛を逃した。テキサス・クローバーホールド、スタイルズ・クラッシュなどでホワイトを追い詰めた棚橋だったが、最後は勝負を決めに行ったハイフライフローを空中で受け止められた所に必殺のブレードランナーを食らい、屈辱の3カウント。第68代王者となったホワイトは、初のIWGPヘビー戴冠となった。

 ホワイトは「新しい俺の時代だ。自分こそが真の王者だ。誰も文句はないだろう」とマイクアピールした。

 セミファイナルのスペシャル・シングルマッチでは、復活を期す元IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(31)がバッドラック・ファレ(37)を雪崩式ブレンバスターから必殺のレインメーカー連発で下した。

 IWGPジュニアヘビー級選手権試合では王者・石森太二(36)が田口隆祐(39)を下し、初防衛を果たした。石森は試合後、解説席の獣神サンダー・ライガーをリング上に招き寄せ、対戦を要求。ライガーもリングに上がり「ボウズ、おまえが俺に対戦要求するなら、おれはいつでも、どこでも、そのベルトを奪いに行くよ」と次期挑戦者に名乗りをあげた。

 ▽6人タッグマッチ20分1本勝負
 〇天山広吉、獣神サンダー・ライガー、小島聡(12分56秒 反則)鈴木みのる、TAKAみちのく、飯塚高史●

 ▽タッグマッチ20分1本勝負
 〇SANADA、EVIL(10分08秒 マジックキラー→体固め)吉田綾斗、海野翔太●

 ▽6人タッグマッチ20分1本勝負
 〇内藤哲也、鷹木信悟、BUSHI(11分02秒 デスティーノ→片エビ固め)タイチ、エル・デスペラード、金丸義信●

 ▽タッグマッチ30分1本勝負
 〇チェーズ・オーエンズ高橋裕二郎(9分38秒 パッケージドライバー→エビ固め)YOSHI―HASHI、本間朋晃●

 ▽タッグマッチ30分1本勝負
 〇タマ・トンガ、タンガ・ロア(9分44秒 ガン・スタン→片エビ固め)真壁刀義、矢野通●

 ▽IWGPジュニアヘビー級選手権試合60分1本勝負
 〇石森太二(16分10秒 ブラディークロス→エビ固め)田口隆祐●
 ※石森が初防衛

 ▽スペシャル・シングルマッチ60分1本勝負
 〇オカダ・カズチカ(18分10秒 レインメーカー→片エビ固め)バッドラック・ファレ●

 ▽IWGPヘビー級選手権試合60分1本勝負
 〇ジェイ・ホワイト(30分28秒 ブレードランナー→片エビ固め)棚橋弘至●
 ※ホワイトが新王者に

格闘技
注目トピック