山陽オート・第24回平成チャンピオンカップ(G1)3日目“偉大なる師匠に続きました、前田淳”

2018年4月13日16時56分  スポーツ報知
  • 9Rで一気の速攻を決めた前田淳(左)は、弟分の稲原良太郎の出迎えに笑顔で応じた

 自慢のスタート力、本日もキレキレでした。9Rは最重ハンデの一番内から前田淳が一気に飛び出して、前の深谷輝までも飲み込んで、2番手へ。逃げる松井大和もなめらかにパスして、2日目に続いて白星を量産した。7Rを差し切った岡松忠とともに師弟でダブル勝利を決めた。「スタートだけに集中しました。こういう熱い走路ですし、行けば勝ち負けできると思っていました。それに最近はハンデ位置が内なので、この位置では負けたくないという気持ちがありました」

 歓迎しない雨にも自然体で向き合う。「天候は自分で決めることができないので。それに最近は雨に悪いイメージは持っていない。3着や4着ぐらいには来ているからね。このあたりで何とか2着には入ってみたいと思っています。もう、タイヤも用意してあります。急な雨になっても大丈夫です!」

 出走表、成績、払い戻し金などはスポーツ報知紙面にてご確認ください。

オート
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
注目トピック