地元の長距離砲が大ホームラン、丹村飛竜

2018年4月14日18時44分  スポーツ報知
  • 地元G1初制覇に挑む丹村飛竜。常に謙虚です

 ◆山陽オート・第24回平成チャンピオンカップ(G1)4日目

 準決勝戦12R。さらに雨足が強くなり、今度は一転して外目が軽く滑る状況に。走路を内目に定めて丹村飛竜がハードなウエットコースを快調に攻略した。雨キングの荒尾聡を完封して1着ゴールを決めた。「まぐれですが、たまにはね(笑い)。雨が降ったらみんな外に行くと思っていたので、朝練習から内目を走っていました。OKだったので、内に行こうと決めました。試走から感じが良くてリラックスして走ることができました」

 さあ、初の地元タイトル獲得へ。「スタートはクラッチを一式換えて切れていると思います。最近、少し上達してきたかなと思っています。タイヤもいい物があるので精いっぱい頑張ります!」

 出走表、成績、払い戻し金などはスポーツ報知紙面にてご確認ください。

オート
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
注目トピック