ボートレース芦屋G1第65回九州地区選手権あす開幕 エンジン分析

2019年2月8日6時0分  スポーツ報知

 6月8日が使い始めの現エンジン。11月にSGチャレンジカップ、1月に周年と特別戦が続いて相場は固まっている。

 エース機は42。チャレンジカップでは石野貴之が優出。周年は本多宏和が節一級の伸び足。準優でFとなったものの、総合的にもトップだった。

 チャレンジカップで馬場貴也が優勝した44は市橋卓士も周年で優出。峰竜太の周年V機は45。エース機を含めて40番台に強力機が集中している。この3基に岡崎恭裕が優出3着だった7、中島孝平が周年の最終日に連勝を飾った22も強力。以上5基がトップグループ。

 直前の開催で田中和也の伸びが光った2や周年で関浩哉が強力だった13、須藤博倫が準優1号艇を手にした3も注目機。また、表の10基以外でも12、17、32、39なども期待の持てる好素性機だ。

ボート
注目トピック