児玉碧衣、「ガールズグランプリ」での優勝をファンに誓う

2017年11月25日14時3分  スポーツ報知
  • 小倉競輪でトークショーを行った児玉碧衣(中央)

 スポーツ報知とスポンサー契約を結んでいる、ガールズケイリンの児玉碧衣(22)=福岡・108期=が25日、小倉競輪「第59回競輪祭」3日目・第4R終了後に場内の4階ステージでトークショーを行った。

 12月28日に平塚競輪場で行われる「ガールズグランプリ」への出場が決まっている児玉。前回の高知競輪での決勝では、最下位の7着に敗れてしまったため「すみません。やっちゃいましたね。でも、あそこで悪い運を全て取っちゃって、と」と集まった多くのファンに謝罪。

 今年の女子レーサーの女王を決める「グランプリ」の対戦相手6人について、聞かれると「(高木)真備さんは全国どこの競輪場に行っても声援がすごい。だから、なおさら負けたくない。奥井さんはガールズで一番強いと思っている選手。ずっと先行していて私も応援したくなるくらい」と会場を盛り上げた。

 同日、トークショーに登場し、年末に行われるスーパースター王座決定戦(12月31日、埼玉・川口オート)に出場するオートレーサーの荒尾聡とはグランプリの成績で対決するようで「グランプリの着順で負けた方がカニの食べ放題をおごると。私は勝つ気しかない。グランプリまであと2場所あるので、グランプリに向けてもしっかり頑張りたい」と言葉に力を込め、ファンに優勝を誓っていた。

競輪
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)