ジーコ氏が前園氏と京王閣競輪場でトークショー 熱狂的ファンが大合唱でお出迎え

2018年5月12日15時29分  スポーツ報知
  • トークショーを行ったジーコ氏と前園氏

 サッカーの鹿島OBで02~06年に日本代表監督を務めたジーコ氏と前園真聖氏が12日、東京・京王閣競輪場でスペシャルトークショーを行った。サッカーの神様・ジーコが登場すると、ブラジル国旗や鹿島時代のユニーホームを持った熱狂的ファンが「ジーコ、ジーコ」の大合唱でお出迎え。

 車券を初めて購入したジーコ氏は「フラメンゴ(現役時代のブラジルでの所属先)と鹿島カラーの赤と黒を選んで賭けたが、負けました。運はなかったけど、非常に面白い」と大興奮。前園氏は「僕なんて千円出すのがやっとなのに、ジーコさんは1万円をさらっと出して勝負師の顔をしてました」と言うと、詰めかけた多くのファンが笑った。

 W杯6大会連続出場を果たした日本代表についてジーコ氏は「厳しいグループだけど、前回の教訓を持ってグループリーグを突破してもらいたい。選手は自信を持って戦えば、きっと突破できると信じてる。そして皆さんに喜んでもらいたい」と話した。前園氏も「ジーコさんが全部言ってしまったけど、何が起こるのがわからない。アトランタ五輪(96年マイアミの奇跡、ブラジルに勝利)で僕も体感したから」と日本代表にエールを送った。

 最後はジャンケンで勝った小学生以下3人にサイン入りサッカーボールをプレゼント。終始にこやかだった。

競輪
今日のスポーツ報知(東京版)