【巨人】菅野、CS出場へ「3連勝しないといけない」ヤクルト戦へ畠、マイコラスと無敗ローテ

2017年9月8日6時0分  スポーツ報知
  • 8日からのヤクルト戦に先発する(左から)菅野、畠、マイコラス

 巨人が8日からのヤクルト3連戦(東京D)に「無敵の3本柱」を投入する。初戦の菅野は今季ヤクルトに3戦3勝。2戦目の畠も1度の対決で勝ち星をつかんでいる。3戦目のマイコラスは、来日した15年から8連勝中という最強の“燕キラー”だ。2ゲーム差の3位・DeNAを追うためにも取りこぼしは許されない。菅野は「(自分が)頭をとって3連勝しないといけない」と決意を口にした。

 CS出場へ、負けられない3連戦。8日からは、ヤクルトに負けしらずの菅野、畠、マイコラスがマウンドに上がる。3人はG球場で調整し、決意を示した。

 初戦の菅野はフル回転を誓った。今季ヤクルトには3戦3勝(1完封)、防御率は0・38と圧倒している。「無駄な四球を出さない。粘り強く長いイニングを投げる。いつも通りです」と言い切った。

 体調不良から復帰した1日のDeNA戦(横浜)は、中12日の登板で7回無失点。リーグトップの14勝で防御率は1・78。「最少失点で抑えて長いイニングを投げること。その2つしかできないと思う。最近はリリーフもたくさん使って疲れていると思う。なるべく長いイニングを投げるようにしたい」と責任感を口にした。

 チームは残り20試合。中5、4日というスケジュールで回ることも予想されるが「慣れているので」と全く問題なし。「いかに体を回復させるか。(練習の)量を落としても質は落とさない。食事、睡眠、入浴。この3つをしっかり意識していれば僕の経験上問題ない」

 2戦目は4連勝中のルーキー畠。連勝が始まった8月2日のヤクルト戦(神宮)は6回3失点で自身2勝目。「与えられたところにうまく合わせるのが先発投手。0点に抑えて、100%にもっていけるように」

 3戦目の先発はマイコラス。15年の来日からヤクルト戦は9戦8連勝中だ。8月は4勝1敗で自身2度目の月間MVPを受賞した。イニング、奪三振はリーグトップ。「自分のベストを尽くすことだけ考えている」と絶好調のまま挑む。

 逆転CSへ、菅野は「僕とマイコラスで最低2勝1敗だと思う。でも今は2勝1敗とか言う状況じゃない。頭をとって3連勝しないといけない」と言い切った。3人とも口をそろえた言葉は「全力」。無敵の3人で全勝に導く。(玉寄 穂波)

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ