中居くん、長嶋さん「東京聖火ランナー」の夢引き出した!テレ朝年末特番で松井氏と3者対談

2017年12月6日5時45分  スポーツ報知
  •  

 元SMAPの中居正広(45)が、“国民栄誉賞コンビ”と共演することが5日、分かった。テレビ朝日系特番「長嶋さんと中居くん(仮)」(28日・後11時20分)で巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(81)=報知新聞社客員=と元巨人、ヤンキースの松井秀喜氏(43)と対談。自ら運転手となって“ドライブ対談”も繰り広げ「助手席にミスター。バックミラーで松井秀喜を見たのは初めて。なかなかの経験。こんなに緊張することはなかった」と至福のひとときを振り返った。

 このほど行われた対談で、夢の3ショットが実現した。中居は、それぞれの共演はあるものの、2人そろっては初めてだ。昨年末はフジテレビ系「たまッチ!」で長嶋氏とソフトバンク・王貞治球団会長のONコンビ、巨人・高橋由伸監督と共演したが、今回の2人は特別。3ショットの撮影で、珍しく緊張感を漂わせながら「これはリビングに飾られるパターン。国民栄誉賞だから。(たまッチ!の)4人の写真は飾ってあるので、その横に」と声を弾ませた。

 中居はグループ解散後も、巧みな話術を武器に司会業として活躍の場を広げている。今回の特番では、3人で長嶋氏の母校・立教大学を訪れたほか、04年の脳梗塞からの完全復活に向けたリハビリに励む長嶋氏の一日にも密着。トレーニングの様子を実際に間近で目にし、東京五輪の聖火ランナーを目指す思いを引き出すなど、これまでにないほど長嶋氏の今へと迫った。

 今春には、2大会連続となる「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」の侍ジャパン公認サポートキャプテンを務め、日本代表・小久保裕紀監督(当時)、原辰徳前巨人監督と対談した。今回、松井氏には「“松井ジャパン”の可能性は?」と斬り込むなど、野球界の数々のレジェンドと堂々と対峙(たいじ)できるのも中居ならでは。野球界にとっても貴重な存在として、今後もお茶の間との懸け橋となる。

 ◆長嶋ジャパンなら先発菅野抑え大谷

 収録は数日にわたって行われ、野球が競技復活する2020年の東京五輪に向けた“長嶋ジャパン”にも話題が及んだ。シーズン途中段階での収録ではあったが、中居が長嶋氏のその時点での理想のオーダーに迫った。長嶋氏が日本のエースに指名したのは巨人・菅野智之投手。中継ぎに楽天エース・則本昂大投手、抑えにメジャー挑戦を表明している大谷翔平投手を選ぶなど、独自の視点でメンバーを選出。「ワクワクするメンバー」と中居。松井氏も「現時点(収録当時)で最強だと思う」と、うなった。

ジャニーズ

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ