【巨人】ゲレーロ20発!さすがキング圧巻のサク越えショー 他球団007震え上がった

2018年2月9日6時0分  スポーツ報知
  • ランチ特打でサク越えを連発したゲレーロは、指を立てて好調をアピールした(カメラ・佐々木 清勝)

 巨人の新外国人、アレックス・ゲレーロ外野手(31)が8日、宮崎キャンプ第2クール3日目で初めて屋外フリー打撃を行い、推定140メートル弾を含む20本のサク越えを披露した。偵察に訪れた他球団のスコアラー陣も震え上がる圧巻のサク越えショー。由伸監督が4番の最有力候補として期待する昨季セ・リーグの本塁打王が、上々のスタートを切った。

 穏やかな日差しを浴びながら、ゲレーロは気持ちよさそうにバットを振り抜いた。はじかれた打球は、サンマリンスタジアムのフェンスを軽々と越えていく。初解禁となった屋外フリー打撃で、左右の打撃投手を相手に計62スイングで圧巻の20本のサク越えを披露。49スイング目に左翼上段へ推定140メートル弾を放つと、ファンからはどよめきが起きた。

 上々の“デビュー”に助っ人大砲は「最初はぎこちなかったけど、徐々に(感覚が)戻ってきたのでうまくいけたと思います。20本? それだけでしたか。もうちょっといけますよ。35本くらい」。冗談交じりだったが、2度の3連発、バックスクリーンへ5発を放り込むなど、見応えは十分だった。

 当初の予定では阿部、長野、マギー、ゲレーロの打撃練習は前日7日までと同じ木の花ドームで行われる予定だった。しかし、この日は前日を2度上回る9度まで気温が上昇したことによって、急きょ屋外でのランチ特打に変更となった。「お日様がそうしようと言っていたので。外で打撃をするにはいい日だった」と笑みを浮かべた。

 偵察に訪れた他球団の007も震え上がった。3月30日の東京Dでの開幕戦で対戦する阪神の太田スコアラーは「見ての通り。素晴らしい。対策を考えます」と警戒。ヤクルト・西沢スコアラーは「東京ドームと神宮だからとても怖い。球場を加味するとやっかいだね」と話し、古巣・中日の前田スコアラーは「彼にとってはこれくらいは普通。中日の時もフリーは衝撃的だった。1本でも1打点でも少なく抑えないと」と同調した。

 圧巻のサク越えショーに由伸監督は「上に上がって角度がいい打球も打っていたし、本当に打球が落ちてこないという感じだった」とうなずいた。幼少期のヒーローには母国・キューバを五輪で2度の金メダルへと導いた主砲・キンデランを挙げる助っ人大砲。今キャンプでは長野、坂本勇らと積極的にコミュニケーションを図るなど、チームに少しずつ順応もしている。「チームのために仕事をして、優勝に導く活躍をしたい」。4番の最有力候補がさっそく力を示した。(後藤 亮太)

 ◆巨人歴代外国人スラッガーの宮崎キャンプ

 ▽ロベルト・ペタジーニ ヤクルトから加入。03年の宮崎キャンプ初日には、「ランチ特打」を志願し、99スイング中、約4分の1が本塁打性の打球だった。さらにキャンプ第2クール初日の5日からフリー打撃を開始し、第3クール2日目の10日にはフリー打撃91スイングで19本のサク越え。移籍初年度は100試合に出場し、打率3割2分3厘、34本塁打、81打点。

 ▽タフィ・ローズ 近鉄から加入。04年の宮崎キャンプ初日は、5キロオーバーで来日したため、ユニホームがきつすぎ、フリー打撃では前に打球が飛ばず。しかし、16日のキャンプ初のシート打撃では、サンマリンスタジアム宮崎の右中間席中段に、135メートル弾をライナーでたたき込んだ。この年は134試合に出場し、打率2割8分7厘、45本塁打、99打点。

 ▽アレックス・ラミレス 08年にヤクルトから加入。宮崎キャンプ初日のフリー打撃では38スイングで5本のサク越えを披露すると、グラウンドでは、お笑い芸人・小島よしおの「オッパッピー」を連発するなどファンサービスした。初年度は144試合に出場し、打率3割1分9厘、45本塁打、125打点。

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)