【巨人】吉川光、実戦モードで270球熱投…「去年は悔しい思いをしたので」

2018年2月15日17時6分  スポーツ報知
  • ブルペンで入念に投球練習をする吉川光

 巨人の吉川光夫投手(29)が15日、今キャンプ自己最多の270球を熱投した。

 1軍はこの日から沖縄・那覇キャンプがスタート。初日からブルペンに入った左腕は、名幸審判員が球審を務め、途中から隠善広報が左右交互に打席に立つ実戦モードの中、直球、カーブ、スライダーを黙々と投げ込んだ。

 移籍1年目の昨年は1勝。先発候補として期待される左腕は、投球フォームなど修正ポイントをチェックしながら体に染みこませた。「去年は悔しい思いをしたので。精度、質、量、全てを求めながら投げ込みをしました」と充実した表情だった。

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)