【巨人】田口、投手に安打許し3ラン被弾…「よくない流れ」今季初黒星

2018年4月15日6時0分  スポーツ報知
  • 3回2死一、二塁、丸(手前)に先制3ランを浴びる田口(カメラ・中島 傑)

 ◆巨人2―3広島(14日・東京ドーム)

 田口はロッカールームに引き揚げる仲間を背に、勝利のハイタッチを交わす広島ナインをベンチから見つめた。「いい球がいっている中で、点を取られた回は投手を塁に出して、よくない流れをつくる原因になってしまった」。6回99球、6安打3失点とクオリティースタートも今季初黒星を喫した。

 0―0の3回。投手のジョンソンに安打を許したことから招いた2死一、二塁のピンチ。2ボール1ストライクで丸に少し高めに浮いた内角への直球を右中間スタンドへ運ばれた。「3ボールにしたくないな、という思いもありながら(打てる)ゾーンに乗っけてしまった」。その裏、無死一塁ではバントが投飛になり併殺。自ら反撃のチャンスをつぶした。

 昨季は13勝4敗、防御率3・01。2年連続の2ケタ勝利で、今季は左のエースとして開幕2戦目を託された。だが、前回まで2試合計10失点、防御率は11・25。苦戦する日々が続いた。調整ではランニングのメニューを増量。フォームや力感、さまざまなポイントを確認するために、豊田投手コーチとともにノックを受け、三塁から一塁へ投げる練習を取り入れた。

 すぐに結果として結びつくものではないが、直球のキレも戻りつつある。4回からは毎回走者を出しながらも追加点を許さなかった。防御率も8・36に改善。「全体的にいいイメージで投げられてるのかな。セットでもいいイメージができるようにしたい」

 斎藤投手総合コーチは「良くなってるのは間違いない。(キレも)良くなっている」と次戦に期待を寄せる。「修正というより能力アップできるように」。常に上を目指し続ける田口。次は必ず勝利をつかむ。(玉寄 穂波)

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ