【巨人】代打攻勢で逆転!阿部、今季初安打の2点打で同点 亀井は勝ち越し二塁打

2018年4月29日17時21分  スポーツ報知
  • 7回1死満塁、同点の右前2点打を放つ代打・阿部(カメラ・関口 俊明)

 ◆巨人―ヤクルト(29日・東京ドーム)

 巨人が7回、代打攻勢で逆転に成功した。

 5―7と2点ビハインドの7回、ヤクルト4番手・近藤を攻める。1死からマギーの右中間二塁打などで満塁の好機を作ると、ベンチが動いた。

 中井に代えて代打・阿部を起用。阿部は一、二塁間を破る今季初ヒット。2者を迎え入れるタイムリーとなり同点に追いついた。

 小林はバントで投ゴロに倒れるが、2死一、三塁から代打・亀井が中越えに2点二塁打を放ち、9―7と勝ち越した。

 続く坂本勇も右前適時打で続いた。さらに代わったカラシティーからゲレーロが左前タイムリーを放つなどこの回、打者一巡12人の猛攻で6点を挙げ、4点のリードとした。

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック