【巨人】吉川光、今季自己最長6回1失点 2連敗の後3連勝

2018年5月16日21時58分  スポーツ報知
  • 力投する巨人先発の吉川光

 ◆ヤクルト4―12巨人(16日・鹿児島)

 巨人・吉川光夫投手(30)が16日のヤクルト戦(鹿児島)で6回1失点で3勝目を挙げた。

 坂本勇のソロで先制した直後の3回裏に山田哲に左越えにソロ本塁打を浴び同点に追いつかれたが、4回に味方が大量7点をプレゼント。毎回のように走者を許したが要所を締めて、6回を104球、6安打1失点にまとめた。

 「野手の方がこれだけ点を取ってくれたのでストライクゾーンで勝負できた。直球の走りも良かったし、小林誠司が良くリードしてくれた」と打線の援護とともに、女房役となった広島・広陵の後輩のリードに感謝した。

 開幕2連敗後に3連勝。今季自己最長の6回を投げたが納得はいっていない。広島が敗れたためゲーム差は2・5に縮まった。「チーム全員で戦っていけるよう頑張ります」と気を引き締め直していた。

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)