【巨人】スタメン捕手・ルーキー大城の2号ソロなどでリードも阪神が逆転

2018年5月26日15時35分  スポーツ報知
  • 2回1死、右越えソロを放つ大城(投手・小野、捕手・梅野、カメラ・相川 和寛)

 ◆阪神―巨人(26日・甲子園)

 巨人が初回に先制した。先頭の坂本勇が、阪神先発の小野から右中間二塁打。吉川尚の二ゴロで三進、岡本四球、阿部が空振り三振での2死一、三塁から5番に入った亀井が初球を右前に運び、1点を挙げた。

 2回にはスタメン捕手として8番に入るルーキー大城が打った瞬間にわかる2号アーチを阪神ファンで黄色に染まる右翼席にたたき込み1点を追加した。

 追う阪神はその裏、巨人先発の田口を攻め、1死から大山が右前打、江越の左翼線の当たりをゲレーロが処理を誤る(二塁打と失策)間に生還し1点。さらに梅野が右前適時打で続き、3連打で同点に追いついた。

 さらに阪神は3回、糸原、糸井の連続安打で田口を攻め、2死一、二塁から大山が中前に落とし、勝ち越しに成功した。

ニュース 順位表スコア速報
今日のスポーツ報知(東京版)