【巨人】杉内コーチ、今村&橋本を初指導「左腕王国」結成へ縦横無尽

2018年11月11日6時0分  スポーツ報知
  • ブルペン捕手の後ろで投球練習を見つめる杉内コーチ

 巨人の杉内俊哉ファーム投手コーチ(38)が10日、秋季宮崎キャンプに合流。「左腕王国」結成に向け、ブルペンで縦横無尽に動き回って今村、育成・橋本の左投手2人を指導した。

 杉内コーチは今年2月のキャンプは3軍。当時、故障のため3軍だった今村に熱心に助言した。現役引退してコーチとなり、この日は11日の紅白戦に先発予定の今村の投球練習に熱視線。右打席、左打席、球審、マウンドの横と立ち位置を変えながら、さまざまな角度でチェックし、スライダーの曲げ方などを助言した。

 今村は交流戦から1軍に昇格して自己最多の6勝。左打者内角へのシュート、フォークが効果的だった。「スライダーをしっかり投げられたら幅が広がる。杉内さんに聞いていきたいです」と課題にしている。

 杉内コーチは今村のスライダーを「30点」と辛口評価したが「今村も篤郎(橋本)も良い。楽しみ」と2人の伸びしろを感じた。他にも実績のある内海、吉川光、森福、高木、若手ではメルセデス、田口、大江、中川、戸根、池田ら左投手が多く「左腕王国」へ手腕が期待される。(片岡 優帆)

ニュース 順位表スコア速報
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)