【巨人】2軍開幕戦は黒星…大江は7回1失点、高田と宮国はともに3者凡退の好投

2018年3月17日19時17分  スポーツ報知
  • 4回無死、戸川を三振に打ち取った大江。7回5安打1失点と好投した(カメラ・相川 和寛)
  • 2番手で登板し、1回無安打無失点と好投した高田(カメラ・相川 和寛)

 ◆イースタン・リーグ 巨人0―1西武(17日・ジャイアンツ)

 イースタン・リーグが17日、開幕した。リーグ4連覇と、2年ぶりファーム日本一を目指す巨人2軍は西武相手に1―0で開幕黒星を喫した。

 開幕投手を務めたプロ2年目の大江竜聖投手(19)は、2回に愛斗から先制の左中間ソロを浴びた。毎回走者を背負いながらも粘り強い投球で7回5安打1失点、7奪三振。2番手の高田、3番手の宮国も3者凡退で抑え、失点は1にとどめた。

 打線が援護したいところだが、1点が遠い。1点ビハインドの5回。先頭の石川が内野安打で出塁し、その後2死一、二塁のチャンスとしたが後続が倒れ得点を奪えなかった。その後も得点のチャンスを作ったが打線がつながらず、スコアボードに0が並んだ。

ファーム情報
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ