松山英樹、左手親指付近痛め次戦ジェネシス・オープン欠場

2018年2月9日7時0分  スポーツ報知
  • 松山英樹

 米男子プロゴルフツアー通算5勝の松山英樹(25)=LEXUS=が8日、出場を予定していた15日開幕のジェネシス・オープンの欠場を発表した。前週、3連覇を狙ったフェニックス・オープン第1ラウンド(R)で左手親指付近を痛め、第2Rのスタート前に途中棄権していた。

 所属するマネジメント会社によると、松山は既に一時帰国し、複数の病院で検査や診断を受けているという。今後は世界選手権シリーズのメキシコ選手権(3月1~4日)への出場を予定しているが、ギリギリまで回復具合を見て出場可否を判断する。初のメジャー制覇を目指す4月の海外メジャー初戦、マスターズに向け、まずは治療に専念する。

ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)