宮里優作が5位浮上、小平智と最終ラウンドに進出

2018年2月10日18時46分  スポーツ報知
  • 第3ラウンドをプレーした宮里優作

 ◆欧州男子プロゴルフツアー ISPSハンダ・ワールドスーパー6第3日(10日、オーストラリア・パース、レーク・カリーニャップCC、7143ヤード、パー72)

 第3ラウンドが行われ、14位で出て6バーディー、2ボギーの68をマークした昨年の日本ツアー賞金王・宮里優作(37)=フリー=が、通算8アンダーの5位へ浮上した。33位でスタートした小平智(28)=Admiral=は70で回り、5アンダーの17位タイで並んだ9選手でのプレーオフを1ホール目で勝ち抜き、宮里とともに上位24選手によるマッチプレー形式の最終ラウンドへ進出した。

 30位スタートの片岡大育(29)=日立キャピタル=は72と伸ばせず、2アンダーの40位で終えた。57位で出た谷原秀人(39)=国際スポーツ振興協会=は73とスコアを落とし、1オーバーの65位で2年連続の最終ラウンド進出はならなかった。プロム・ミーサワット(33)=タイ=が12アンダーで単独首位。

ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)