女子プロゴルフ開幕!ハーフ終了、森田遥らが首位、昨季賞金女王の鈴木愛も好スタート

2018年3月1日13時49分  スポーツ報知
  • 5番ティーショットを放つ鈴木愛

 ◆女子プロゴルフツアー開幕戦 ダイキンオーキッドレディス第1日(1日、沖縄・琉球GC=6558ヤード、パー72)

 好天に恵まれ、2018年女子プロゴルフツアーが開幕した。

 最終組がハーフターン。14ホール消化の森田遥、12ホール消化のぺ・ヒギョン(韓国)、11ホール消化の高橋恵が4アンダーで首位。昨季賞金女王の鈴木愛は9番まで3バーディー、1ボギーの2アンダーと堅実なプレーを見せている。川岸史果も9番まで2アンダーと好発進した。

 上田桃子(9ホール消化)、横峯さくら(11ホール消化)、畑岡奈紗(9ホール消化)、森田理香子(14ホール消化)は1アンダーとまずまずのスタートを切った。

ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)