松山英樹がバルスパー選手権欠場

2018年3月2日15時48分  スポーツ報知
  • 松山英樹

 米男子プロゴルフツアー日本人最多5勝で、世界ランク6位の松山英樹(26)=LEXUS=が2日、出場登録していた3月8日開幕のバルスパー選手権(米フロリダ州)への出場を取りやめ、15日開幕のアーノルド・パーマー招待(米フロリダ州)で復帰する方向で調整していることを所属するマネジメント会社が発表した。

 松山は、2月初めのフェニックス・オープンの第1ラウンドの13番パー5の第1打で左手親指付近を痛めて、第2ラウンドのスタート前に途中棄権。その後、一時帰国して病院で検査や治療などを受けていた。左手の状態は順調に回復しており、既に練習も再開。4月の海外メジャー初戦、マスターズ(5~8日・米ジョージア州オーガスタナショナルGC)での悲願のメジャー制覇を目指し、再始動している。

ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)