松森姉妹、そろって決勝Rへ「2人で盛り上げたい」

2018年3月3日7時0分  スポーツ報知
  • 18番、ティーショットを放つ姉の松森彩夏
  • 1番、ティーショットを放つ妹の松森杏佳

 ◆女子プロゴルフツアー開幕戦 ダイキンオーキッドレディス第2日(2日、沖縄・琉球GC)

 美人姉妹の松森彩夏(23)・杏佳(22)=ともにスターツ=が存在感を発揮した。一時、杏佳が5アンダー、彩夏が3アンダーまでスコアを伸ばし、上位選手の名前が記されるリーダーズボードに載り、観衆を沸かせた。

 「お姉ちゃんも頑張っている、と意識した」杏佳は3アンダーの13位。「後半、流れが悪くなった」と悔やむ彩夏はイーブンパーの31位。一緒に食事をした後にラーメン店をハシゴするほど仲が良い2人はそろって決勝ラウンドに進出した。

 平昌五輪ではスピードスケートの高木菜那・美帆姉妹、カーリングの吉田知那美・夕梨花姉妹が大活躍した。姉が「互いに切磋琢磨(せっさたくま)して頑張っていきたい」と言えば妹も「ゴルフはスケートの団体パシュートやカーリングとは違って競技では協力できないけど、練習では協力し合える。2人で上位を狙ってツアーを盛り上げたい」と笑顔で話した。

ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)