韓国勢がトップ3占める 鈴木愛は後退…ダイキンオーキッドレディス最終日ハーフ終了

2018年3月4日12時22分  スポーツ報知

 ◆女子プロゴルフツアー開幕戦 ダイキンオーキッドレディス最終日(4日、沖縄・琉球GC=6558ヤード、パー72)

 前日(3日)の大雨とは一変し、晴天の下、競技が行われた。最終組がハーフターンし、昨季賞金ランク35位で日本ツアー未勝利のユン・チェヨン(韓国)が11番終了で通算9アンダーの単独首位。1打差の8アンダー2位に申ジエ(韓国)。7アンダー3位に、イ・ミニョン(韓国)が追う。首位から出た鈴木愛は2番でダブルボギーをたたきスコアを2つ落とし、川岸史果、諸見里しのぶ、浜田茉優、李知姫(韓国)、金楷林(韓国)と並んで6アンダー4位。畑岡奈紗は4アンダーの14位。

 今大会は3日に行われる予定だった第3ラウンドが荒天で中止となり、54ホールの短縮競技。賞金加算は75%に減額される。

ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)