小平智が結婚記念日に安どのアンダーパー ミケルソンが5季ぶりV

2018年3月6日7時0分  スポーツ報知

 ◆米男子プロゴルフツアー 世界選手権シリーズ メキシコ選手権最終日(4日、チャプルテペックGC)

 69と伸ばした池田勇太(32)=フリー=が通算イーブンパー、284の46位となった。70だった世界ランク43位の小平智(28)=Admiral=は4オーバーの54位。同じく70だった昨季日本ツアー賞金王・宮里優作(37)=フリー=は9オーバーの60位で終えた。2打差2位で出て66で回ったフィル・ミケルソンが、16アンダーで並んだジャスティン・トーマス(ともに米国)とのプレーオフを制し、13年以来のツアー通算43勝目。47歳での世界選手権シリーズ制覇は史上最年長記録となった。

 小平と優作は、ともに今週初のアンダーパーで締めた。優作は21日開幕の世界選手権シリーズ、デルマッチプレーが次戦の見通し。「そこから(4月5日開幕の)マスターズまで米国に滞在する」。古閑美保さんとの結婚記念日にアンダーパーで回った小平は安ど。今月末の世界ランク50位以内でのマスターズ切符を狙い、15日開幕のアーノルド・パーマー招待が次戦。「自分のゴルフをしたい」と意気込んだ。

ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)