葭葉ルミ、首位スタート!今季初戦「セクシークイーン」アン・シネは73位

2018年4月13日17時44分  スポーツ報知
  • 熊本を応援するメッセージボードの前でティーショットを放つアン・シネ

 ◆女子プロゴルフツアー KKT杯バンテリンレディス 第1日(13日、熊本・熊本空港CC=6428ヤード、パー72)

 ツアー屈指の飛距離を誇る葭葉ルミ(25)が3バーディー、ボギーなしの69で回り、単独首位に立った。今大会の会場の練習場は狭く、240ヤードで防球ネットを超えてしまうため、飛ばし屋の葭葉は街の一般練習場でオジさんゴルファーに交じってドライバーショットを磨き、今季初勝利を狙う。

 1打差2位は小楠梨紗(26)と永峰咲希(22)。さらに1打差の4位に日本ツアー3試合連続で優勝を目指す昨季の賞金女王・鈴木愛(23)ら10人が続く大混戦となっている。

 今季、日本女子ツアー7戦目にして初参戦となる韓国のアン・シネ(27)はバーディーなし、3ボギー、1ダブルボギーの77で73位と出遅れた。「セクシークイーン」と呼ばれるシネは真っ白の帽子、シャツ、ミニスカートで登場。同組は地元・熊本出身の人気プロ、上田桃子(31)と有村智恵(30)ということもあり、大ギャラリーに囲まれてプレー。予選通過ラインと2打差のシネは決勝ラウンド進出に向けて「明日(14日)はもっと攻撃的にプレーしたい。ウェアは情熱的な赤い色にします」と宣言した。

 熊本地震から2年となる大会。ツアー通算50勝を誇る永久シード選手の永久シード選手の不動裕理(41)、上田、有村をはじめ、ツアー通算5勝の笠りつ子(30)、同3勝の一ノ瀬優希(29)ら地元出身の実力プロが熱くプレーした。セミが鳴く初夏のような好天にも恵まれ、昨年より717人多い4369人の観衆が来場。熊本県PRマスコットキャラクターの「くまモン」も駆けつけ、初日から盛り上がりを見せた。

ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)