ツアーデビュー戦19歳・小滝水音が11アンダーで単独首位

2018年6月8日13時12分  スポーツ報知

 ◆女子プロゴルフツアー宮里藍サントリーレディス 第2日(8日、兵庫・六甲国際CC=6525ヤード、パー72)

 日米ツアー通算24勝の宮里藍さん(32)の名前が冠されて初めての大会は梅雨空の下、第2ラウンドが行われている。全組がスタートをし終えて、プロとしてツアーデビュー戦の小滝水音(みお、19)が、通算11アンダーに伸ばして単独首位に浮上している。ツアー1勝の木戸愛が2打差の2位。

 韓国のユン・チェヨン、宮田成華、ツアー13勝の有村智恵、勝みなみ、前週通算18勝目を挙げた大山志保、ジョン・ジェウン(韓国)が8アンダーで3位に並ぶ。

 この日が22歳の誕生日のささきしょうこ、仲宗根澄香が4打差の9位で追う。15、16年賞金女王のイ・ボミ(韓国)、昨年の日本女子アマ女王のアマチュア・安田祐香(滝川二高3年)、新垣比菜は4アンダーの22位。原英莉花、07年賞金女王・上田桃子は3アンダーの34位。三浦桃香、キム・ハヌル(韓国)は1アンダーの63位。前週、海外メジャーの全米女子オープン40位となって帰国参戦した葭葉ルミは、3オーバーの103位となっている。

ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)