遼、3戦ぶり決勝ラウンドに進出「優勝できるようなゴルフをしたい」

2018年6月22日18時57分  スポーツ報知
  • 石川遼

 ◆男子プロゴルフツアー ダンロップ・スリクソン福島オープン第2日(22日、福島・グランディ那須白河GC=6961ヤード、パー72)

 9位で出た石川遼選手会長(26)=カシオ=は4バーディー、5ボギーの73で回り、通算4アンダーの21位でホールアウト。5月の関西オープン以来3戦ぶりの決勝ラウンドに進出した。

 32パットとグリーン上で苦戦。「グリーン状態はやりやすかったんですけど、少し読みが左、左に外れて。フックラインが入れにくかった」と反省した。今大会はクロスハンドで臨み「順手より安定する感じがしますね。ショートパットは2日間外してない」と手応えもつかんでいる。

 15、16番ではドライバーでの第1打を左林に曲げてボギー。「今までよりも変なミスじゃない。出球から左に行っているので、そこを修正できれば」と前向きに話す。

 東北開催のツアーは初出場。大勢のギャラリーを連日引き連れているが「水曜日くらいから『絶対予選通ってね』といった声を掛けられましたので」と予選突破に安どの笑み。「2位に何打もつけて優勝できるようなゴルフをしたい。それが目標」と、5打差逆転でのツアー15勝目を目指す。

石川遼
ゴルフ
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)