松山英樹、2戦限定で杉沢キャディーと初タッグ「気分転換」

2018年7月12日5時59分  スポーツ報知

 男子ゴルフの欧州ツアー、スコティッシュオープンは12日から4日間、スコットランドのガレインGC(7133ヤード、パー70)で行われる。初出場で世界ランク16位の松山英樹(26)=LEXUS=は10日、今大会から次週のメジャー、全英オープン(19日開幕・カーヌスティGL)まで2戦限定で初タッグを組む杉沢伸章キャディー(43)と宮里優作(38)=フリー=、谷原秀人(39)=国際スポーツ振興協会=と18ホールの練習ラウンドを行った。

 松山は日米12勝を挙げてきたエースキャディーの進藤大典氏(38)に代わり、日米通算13勝の丸山茂樹(48)の元相棒でもある杉沢氏の起用について「深い理由はあまりないですけど、自分の問題。気分転換ですね」と説明。全米プロ以外のメジャーで、前週から連戦するのは異例の日程だ。13年6位以外は、全英でトップ10入りできておらず「2週連続でやってみてどうなのかを知りたかった」と新たな試みに踏み切った。

 予選ラウンド(R)の組み合わせも発表され、松山はともに歴代覇者のジャスティン・ローズ(英国)、リッキー・ファウラー(米国)と同じ注目組に入った。第1Rは12日の午前9時(日本時間同日午後5時)にスタートする。

ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)