タイガー・ウッズ「彼とプレーするのは楽しみだね」松山英樹にエール

2018年7月17日20時45分  スポーツ報知
  • 男子ゴルフの全英オープン会場内で17日、公式記者会見で予選同組の松山について言及したタイガー・ウッズ

 ◆米男子プロゴルフツアーメジャー第3戦第147回全英オープン 公式練習日(17日、英国・カーヌスティゴルフリンクス=7402ヤード、パー71)

 歴代2位のメジャー通算14勝のタイガー・ウッズ(42)=米国=が17日午前、大会会場内で公式会見に出席。メジャー舞台では、初の同組対決となった米ツアー日本男子最多5勝の松山英樹(26)=LEXUS=について、初言及した。

 すし詰め状態の約100人の報道陣の前で、3年ぶりに出場するウッズは落ち着いた口ぶりで約30分間、質問に答え続けた。「世界最古の大会に戻って来られてうれしいし、楽しみだ。コースの状態は難しいけど、全英にはいい記憶(3勝)があるからね」。同じコースで開かれた99年大会は7位、07年大会は12位。16日には世界ランク2位のジャスティン・トーマス(米国)と練習ラウンドし「過去2回とは違う。グリーンよりもフェアウェーの方が速さがあった。こういう想像力が必要なコースは好きなんだ」と指摘した。「スイングもソリッドになってきて、(今季課題だった)パターも最近変えて良くなってきた」と06年以来の大会4勝目に意欲を燃やした。

 会見の最終盤。全英オープン中継局のテレビ朝日関係者から「最初の2ラウンドを、松山英樹と一緒に回ることをどう思いますか」との質問が飛んだ。

 ウッズは笑顔を浮かべて「彼は世界のベストプレーヤーだということを証明している。世界中の多くの大会を勝って来た。9か月の間に5勝、6勝したこともある。だから、彼とプレーするのは楽しみだね。プレジデンツカップでも一緒にプレーしたけど、彼とのプレーをいつも楽しんできた。ここでも良い時間を過ごせると思うよ」と、予選ラウンド2日間での同組対決を心待ちにしていた。午後からは精力的に練習ラウンドをこなした。

ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)