ゴルフ五輪女子コーチは選手に聞いて人選を進める

2018年9月11日6時10分  スポーツ報知

 ゴルフの五輪対策本部強化委員会が10日、日本ゴルフ協会内で開かれ、宮里藍さん(33)が就任を辞退した20年東京五輪女子コーチに関して、選手の意見をヒアリングした上で人選を進めていく方針を決めた。

 倉本昌弘強化委員長(63)は「12月には8人の強化選手が決まる。リオ五輪代表の大山志保さんや野村敏京さんにも話を聞いて、どういう人がいいのかを決めていきたい」と説明した。五輪会場の埼玉・霞ケ関CCには既に強化指定選手の練習ラウンドについての要望を申し入れ、同クラブのメンバー同伴でなくても「いつでも回れる」許可を得たという。

ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)