松山15位も今季最終戦に進出

2018年9月11日10時32分  スポーツ報知
  • パットのラインを読む松山英樹

 ◆米男子プロゴルフツアー プレーオフシリーズ第3戦 BMW選手権最終日(10日・米ペンシルベニア州アロニミンクGC)

 4打差の7位で出た松山英樹は4バーディー、3ボギーの69で回って通算14アンダー、266の15位だった。年間総合優勝を争う獲得ポイントで27位となり、30位までの最終戦(20日開幕)に進んだ。キーガン・ブラドリー(米国)が20アンダーで並んだジャスティン・ローズ(英国)をプレーオフ1ホール目で下し、6季ぶりのツアー通算4勝目を挙げて優勝賞金162万ドル(約1億8千万円)を獲得した。65で回ったタイガー・ウッズ(米国)は17アンダーの6位だった。

 松山英樹「(月曜日までずれ込んだ大会は15位後退。ポイント27位で最終戦に進出)終わって良かった。いいところもあったがパットを決めきれなかった。(今週は)ゴルフはしない。ゆっくり休む。最終戦も頑張りたい」

 ウッズ「(今季6度目トップ10。ポイント20位で5年ぶりの最終戦進出)ツアー復帰した年に最終戦に出られることは大きな成果」

ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)