畑岡奈紗2打差4位発進 メジャー初Vへ「パットがいい状態」と手応え

2018年9月14日10時13分  スポーツ報知
  • 畑岡奈紗

 ◆米女子プロゴルフツアー メジャー最終戦 エビアン選手権第1日(13日、フランス・エビアンリゾートGC)

 メジャー初優勝を目指す畑岡奈紗は6バーディー、2ボギーの67で回り、4アンダーで首位と2打差の4位と好発進した。上原彩子は74で70位、横峯さくらは75で78位と出遅れた。

 畑岡が手堅いプレーで好発進した。フェアウェーの狭いコースでドライバーが安定。「ティーショットはフェアウエーに置けた」と満足感を示した。10番から出て、終盤の7番からは長いパットを決めて3連続バーディー締め。「キャディーと芝目を確認しながらできた」と喜んだ。

 7月の全米女子プロでは最終日に64の猛チャージを見せてプレーオフのすえ2位。今季最後のメジャーで「引き続きパットはいい状態で持っていけたら」と優勝争いに食らいつく。

ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)