池田が1打差リードの首位で最終日スタートへ

2018年9月23日9時46分  スポーツ報知
  • 首位に立つ池田

 ◆男子プロゴルフツアー アジアパシフィック・ダイヤモンドカップ最終日(23日、埼玉・武蔵CC笹井C=7060ヤード、パー71)

 曇り空の下、競技がスタートしている。

 初日から69(22位)、66(2位)、66(首位)の通算12アンダーと安定したプレーを続ける池田勇太は午前10時10分に、11アンダー2位の張二根(韓国)、8アンダー3位のキタヤマ(米国)との最終組でスタートする。池田が勝てば通算20勝目で、1位・中嶋常幸(30歳261日)、2位・尾崎将司(31歳118日)に続く歴代3位の若さ(32歳275日)での大台到達となる。

 日本勢では、4打差の8アンダー3位で3年ぶりのツアー3勝目を狙う岩田寛、7アンダー5位で初優勝を目指す稲森佑貴が追いかける。

ゴルフ
今日のスポーツ報知(東京版)