小祝さくらが3打差2位に浮上し、リーを追う

2018年11月3日16時30分  スポーツ報知

 ◆米女子プロゴルフ協会公式戦 TOTOジャパンクラシック第2日(3日、滋賀・瀬田GC北C=6659ヤード、パー72)

 今季米ツアー賞金ランク2位のミンジー・リー(オーストラリア)が8バーディー、ボギーなしの64で回り、通算13アンダーで単独首位に立った。7バーディー、1ボギーの66で10アンダーとした20歳の小祝さくらが3打差の2位で追う。9アンダー3位に、ともに69だった畑岡奈紗と申ジエ(韓国)がつけた。

 大会2勝の上田桃子が67で回り、永峰咲希らと並んで8アンダーの5位に浮上した。首位から出た世界ランク3位の柳簫然(韓国)は73で、6アンダーの13位に後退した。2連覇中のフォン・シャンシャン(中国)は4アンダーの22位、米賞金ランク1位で世界ランク1位のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)は3アンダーの25位となった。

ゴルフ
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)