【日本S】今平周吾、165センチの最小賞金王 史上2人目の“1勝賞金王”「少し悔しい」

2018年12月3日6時0分  スポーツ報知
  • 閉会式後、賞金王の横断幕が掲げられバンザイする今平周吾と記念撮影する出場選手たち(カメラ・竜田 卓)
  • 婚約者の若松菜々恵さん(左)と賞金王のボードを持つ今平周吾
  • 今平とノリスの賞金ランキングの推移

 ◆報知新聞社主催 男子プロゴルフツアー今季最終戦 日本シリーズJTカップ最終日(2日、東京よみうりCC=7023ヤード、パー70)

 史上最小身長165センチの賞金王が誕生した。今平周吾(フリー)は4バーディー、2ボギーの68で回り、通算5アンダーで8位。今季14度目のトップ10と安定感を発揮し、日本人では2009年の石川遼(18歳)、13年の松山英樹(21歳)に次ぐ3番目の年少記録となる26歳61日で頂点に立った。年間1勝の賞金王は1976年の青木功(73年ツアー制施行後)以来2人目。

 感謝の思いを胸にラウンドした。18番、1メートルのパーパットを沈めた今平は「賞金王おめでとう」という観客の声援に頭を下げた。「賞金王を取れてうれしい」と同時に、目標の年間2勝に届かず史上2人目の“1勝賞金王”が心残りだ。「勝って決めたかったので、少し悔しい」

 11、12番のバーディーで意地を見せ68。閉会式後の18番グリーンでは柏木キャディー、婚約者の若松さん、埼玉から3か月ぶりに観戦に訪れた母・正美さん(59)らと笑顔で記念撮影し「皆さんに感謝したい」と喜んだ。

 小学校の卒業文集には「マスターズに出たい」と夢を書いた。09年に埼玉栄高を中退し、テニスの錦織圭や米女子ツアー1勝の宮里美香らと同じ米フロリダ州のIMGアカデミーで2年間、腕を磨いた。当初は3か月の予定だったが、一時帰国するとトレーニングの成果で体つきが見違えるほどたくましくなった。「迷いはなかった」。単身で海を渡り、両親とはスカイプで連絡を取りながら、最新施設が整った環境でゴルフ漬けの日々を送った。

 165センチのプロ8年目は史上最小身長の賞金王。「飛距離もハンデだと思っていたが、賞金王になれて、体格は関係ないんだと感じられた」。5年シードを獲得し「海外のチャンスも増えると思うので成績を出したい」と力を込めた。

 現在の世界ランクは57位。年末の同50位以内なら来春の海外メジャー・マスターズ出場権を獲得できるため、アジアンツアーのインドネシア・マスターズ(13~16日、ロイヤルジャカルタGC)出場を検討中。2年後の東京五輪にも「地元(埼玉)なので出たい」と意欲を見せた。

 5月に婚約し、公私ともに充実した1年を終え「ホッとしている」と息をついた。年内は多忙なため、婚姻届の提出は早くて年明けとなりそう。手にした大きな自信を胸に、さらなる飛躍を期す。(岩原 正幸)

 ◆今平 周吾(いまひら・しゅうご)1992年10月2日、埼玉・入間市生まれ。26歳。9歳で競技を始め、2008年日本ジュニアで松山英樹との最終組対決を制して優勝。09年全米ジュニア8強。11年にプロ転向し、14年に下部ツアー賞金王。今季は10月のブリヂストンオープンで優勝。通算2勝。家族は両親と姉。165センチ、63キロ。

ゴルフ
注目トピック