小林浩美会長「選手の理解深めたい」女子プロゴルフ放映権問題に言及

2018年12月21日6時10分  スポーツ報知
  • 小林浩美会長

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は20日、都内で任期満了に伴う役員改選を行い、小林浩美会長(55)の5選が内定した。来年3月の総会で正式に承認され、2年の任期が始まる。小林会長は「LPGAの価値向上を目指していきたい」と所信表明した。

 放映権を巡るテレビ局との問題で来季2試合が減ったことに関して、19日には比嘉真美子(25)=TOYO TIRES=と有村智恵(31)=日本HP=が「不信感は強い。困惑している」と胸中を語った。小林会長は「説明不足だったのは事実。会員の皆さまには申し訳ないと思っている」と謝罪。今後に関しては「(取り組みが)何のために行うのか、選手に理解が深まるようにしていきたい」と言及した。

ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
注目トピック