星野陸也、松田鈴英、勝みなみ、新垣比菜、小祝さくらが新人賞

2018年12月21日19時56分  スポーツ報知
  • 都内で21日、日本トーナメント振興協会の表彰式で新人賞を受賞した(左から)星野陸也、松田鈴英、新垣比菜、勝みなみ

 日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)は21日、都内で今年度の表彰式を開いた。男子ツアーのフジサンケイクラシックで初優勝した星野陸也(22)=フリー=、女子ツアーでともに1勝を挙げた勝みなみ(20)=明治安田生命=、新垣比菜(20)=ダイキン工業=、賞金ランク11位の松田鈴英(れい、20)=ニトリ=が出席し、新人賞を受賞した。

 スーツに身を包んだ星野は「一生に一度の素晴らしい賞なのでうれしいです」とほおを緩めた。身長186センチのツアー屈指の飛ばし屋は「歴代受賞者の方のお名前を見ても、来年からの良い自信になりますね」と宮里優作、池田勇太、石川遼、松山英樹、今平周吾ら歴代賞金王と肩を並べたことに胸を張った。

 年末年始をはさんで1月は米ツアー、ソニーオープン、日本ツアー開幕戦のSMBCシンガポールオープンに出場予定。「世界ランクを上げることが来年の目標の1つ。その2試合は(帯同)トレーナーもお願いしています。クラブも色々試してみたい」と目を輝かせた。

 前日20日が20歳の誕生日だった新垣は、ケーキでお祝いされるサプライズ演出に「こんなに多くの方にお祝いして頂けて、すごいうれしいです」と満面の笑み。“黄金世代”の仲間からも既に誕生日プレゼントを「たくさんもらった」と感謝した。

 4月のサイバーエージェントレディスで初優勝。「優勝がうれしかったので充実した1年でした」と振り返った。世界ランク107位だが「来年は20年東京五輪に向けて、大事な年なのでたくさん結果を出したいです。2勝以上、複数回勝ちたいです」とうなずいた。

 11月の大王製紙エリエールレディスでプロ初優勝を飾った勝は、深緑のワンピースで出席。「(アマチュアでツアー史上最年少優勝した)4年前に特別賞をもらっていましたが、それから色んな経験をして、どんなにすごい賞かがわかったので、本当にうれしいです」と喜びもひとしお。年末は地元・鹿児島に約9か月ぶりに帰る予定。1月後半から2月にタイ合宿を予定する。

 モデル系美人プロ・松田は、黒のワンピースに身を包んだ。「こんなに素晴らしい賞を頂けるとは思っていなかったので、うれしいです」と盾を両手で抱きしめた。1月は鹿児島でコーチや吉野茜、梅山知宏ら男女プロ7人で合宿予定。「このオフはイベントやお仕事があって。この1年で変わったな、と実感しています」と目尻を下げた。

 所用で欠席した、今季賞金ランク8位の小祝さくら(20)=ニトリ=も受賞した。

ゴルフ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
注目トピック