大里桃子、自己最高2位発進「2勝目を目指したい」

2019年3月8日6時10分  スポーツ報知
  • 11番、ティーショットを放つ大里桃子

 ◆女子プロゴルフツアー開幕戦 ダイキンオーキッドレディス第1日(7日、沖縄・琉球GC)

 1998年度生まれの「黄金世代」がシーズン初日に好スタートを決めた。昨年8月、国内女子ツアー史上最速となるプロテスト合格後23日でのツアー初優勝を飾った大里桃子(20)=伊藤園=が4バーディー、2ボギーの2アンダー、70をマーク。ツアー通算36戦目で、自己最高となる首位と1打差の2位で滑り出した。

 身長170センチの大器が好発進した。初優勝の自分へのご褒美に昨年末、ドイツ車の「アウディ」を購入した20歳はシーズン幕開けの1、2番でいきなり連続バーディー発進。後半も13番で8メートルを沈めて伸ばし、ツアー初日自己最高の2位につけ「上出来」と笑った。昨季、CATレディースで初優勝後7度の予選落ちも「来年のために」と前向きに努力を重ねてきた。「2勝目を目指したい」と開幕戦制覇を見据えた。

ゴルフ
注目トピック