フィーバー機動戦士Zガンダム導入開始!

2018年1月10日14時30分  スポーツ報知
  • 迫力ある演出に大興奮の篠崎愛ちゃん

 1985年~1986年にかけて放送されていたテレビアニメ『機動戦士Zガンダム』の世界観を完全再現したパチンコ「フィーバー機動戦士Zガンダム」が1月9日から導入開始! 本機は、スペック・演出・盤面・コンテンツのすべてが、18年の幕開けを飾るにふさわしいインパクト抜群のクオリティとなっている。今回、新春スペシャルとしてグラビアアイドル篠崎愛が導入に先駆け同機種を“試打初め”。常識を打ち破る2つのZインパクトを体感してきたぞ!

 1月9日から、SANKYOの新機種「フィーバー機動戦士Zガンダム」が順次導入されていく。同機は、大ヒットを記録した国民的アニメ「機動戦士ガンダム」の続編としてガンダムの生みの親である富野由悠季総監督のもと制作された「機動戦士Zガンダム」のタイアップ機。ミドルV確変タイプとなる同機は出玉2400発の16ラウンド大当たりを搭載し、王道スペックに回帰した。

 そんな「フィーバー機動戦士Zガンダム」を一足早く体感してくれたのが、昨年11月に最新写真集『結晶』を出版し、日本のみならずアジアでブレイクしているグラビアアイドル篠崎愛ちゃんだ。

「あけましておめでとうございます! みなさんお正月はゆっくりできましたか? パチ初めはいかがでしたか? パチンコはお仕事で打つことが多いんですが、今年はプライベートでもどんどんパチンコを自分の生活に取り入れたいと思っています!」

ガラスが傾斜 愛ちゃんが最も大喜びしたのが、ド迫力のギミック「HYPER―Z」と、液晶の裏にもう一つ役物が現れるように見える3D演出「Z―ビジョン」。同機は「ウェイブライダー」役物が出現すればMS/MA系リーチに発展するが、なんとウェイブライダーがモビルスーツ形態のZガンダムに可変! しかも筐体のガラスが傾斜しており、巨大なZガンダムがまるで飛び出してくるように現れるのだ。

「めちゃくちゃ豪華ですね! 3D液晶もギミックもすごくキレイで驚きました。斜めガラスの空間の中で、本当にこちら側に飛び出してくるように見えます!」

ストーリー性 Zガンダムは初代ガンダムとは違い、機体が変形するという特徴があるシリーズ。それが役物でも存分に表現されており、ウェイブライダーからモビルスーツに変形すればアツいというゲーム性となっている。

 さらに、初代で敵だったシャア・アズナブルが、今回クワトロ・バジーナとして味方側にいる。そんなストーリー性にも愛ちゃんは注目。

「やっぱり主人公のカミーユ・ビダンがすごい目立っていますよね。でも、初代で敵だったシャアが味方になって、一緒に戦う。クワトロとかカミーユが参戦してくれば、リーチの期待度も上がってくるんですよね? 仲間と戦うって感じがカッコイイですね。ストーリーがあると、いつまでも飽きない!」

 台に座ってから驚きの連続で楽しんだ様子だった愛ちゃん。最近はホールで若い女性の姿も多く見かけますが…

「お友達でもいますよ。友達同士で行ってる人もいるので、一緒に行ってみるのもありだなって。一人で座ってる女性もカッコイイと思います」

長く愛して! 2018年の目標は?

「昨年は写真集を日本だけではなく韓国と台湾でも出したんですけど、海外でも活動できたらいいなと思います。歌手活動も充実させたい。ガンダムのように長く愛されるよう頑張ります!」

パチンコ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)