【新台紹介】カンフーレディ・テトラ(山佐)

2018年3月16日7時0分  スポーツ報知

 山佐の人気シリーズ「功夫淑女」シリーズの「燃えよ!功夫淑女ドラゴン」(2017年7月)以来となる最新作。同社が99年に発表した「シーマスターX」で初導入した伝統の「テトラリール(4thリール)」を搭載しているのが特長だ。

 2種類のボーナスとRTでコインを増やすゲーム性。ビッグボーナスは、簡単な目押しの成功で最大285枚獲得できる。レギュラーは117枚。

 ビッグ後のお楽しみが「チャレンジループRT」。まずは、初回保証15GのRT「奥義」で小役を狙い、G数消化後はRT「試練」へ移行。ここではテトラリールに「パンダ師匠」停止が停止して、順打ちで右リールに3連チーパオが止まれば「奥義」に復活する。テトラリールが点滅すると終了のピンチとなるが、下段リプレイ以外ならセーフだ。RTのループ率は約66%。ドキドキを味わいながら、連チャンを狙おう。19日から導入予定。

パチンコ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)