【新台紹介】Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴW(SANKYO)

2018年8月10日6時0分  スポーツ報知

 「設定付きパチンコ」が、ついに今月20日、ベールを脱ぐ。第1弾は、今年3月に登場したリミッター付き確変機「ヴァルヴレイヴ」のリメイク。パチスロのように6段階の大当たり確率をホールが設定できる。

 今作では、最低の「設定1」が159・8分の1(高確率中50・0分の1)。最高の「設定6」が119・2分の1(同37・2分の1)となっている。

 また、同じ日に「P弾球黙示録カイジHIGH&LOW ざわっ…Ver.」(高尾)もリリース。こちらは3段階設定で、「1」が199・9分の1、「3」が99・9分の1と、ライトミドと甘デジぐらい違う。メリハリのつけ方で機種の特色が出そうだ。

 どちらも完全新作ではないため、台の大量導入は見込めないだろうが、大当たりデータの分析が勝利への鍵になることは間違いない。

 また、機種名の頭に付く「CR(カードリーダー、の意味)」も、シンプルに「P(パチンコ)」へ。新時代、幕開け。ホールの使い方、ファンの受け入れに注目が集まる。

パチンコ
今日のスポーツ報知(東京版)