[有井なつ実の勝負ありぃ!!]「CR戦国乙女5 ~10th Anniversary~」(アムテックス)

2018年10月12日6時0分  スポーツ報知
  • 初当たり分を加えて1万発を突破した有井なつ実。ガッツポーズ!

 サンテレビ「P・style パチンコ&パチスロ 実践TV」(金曜・深夜1時)のMCを担当するタレント・有井なつ実(27)が、大阪・なんば千日前の「123難波店」に見参! 「CR戦国乙女5 ~10th Anniversary~」(アムテックス)に挑んだ。本企画のパチンコ実戦では、ここ2か月連続でミドルタイプを打ってヒットなし。今月こそはと、気合を入れて銀玉をはじいた。

 目指せ“実りの秋”。だがその前に、なつ実ちゃんが味わいたいのが“食欲の秋”だ。最近ようやく、きちんとご飯が食べられるように。実は長く、潰瘍性大腸炎に悩まされていたのだ。

 「5年前から患っていて。合う薬があって回復中です。体調を心配していただく声が届くので、ツイッターで病名を公表したんですが、余計に心配させてしまって(苦笑)」。感謝の心とみなぎるエネルギーで、パチの不調も吹き飛ばそう!

 景気付けに、大好きだという「戦国乙女」をチョイス。戦国武将を女性で表現した演出で、パチスロ版で始めてからシリーズのファンに。「萌(も)え系、キレイ系がいますが、好きなのはカッコいい系の赤髪の『織田ノブナガ』。楽曲もよくて、カラオケでも歌います」

 10年記念台で、過去機種の復刻演出もあるらしいが、目玉は右打ち中の70%が約2400発というボリューム感。「V―ST機ですが、電サポ100回転までは確変か時短か分からない」というスリルもあるが、ともかく目標は初当たりだ。

 盤面上部には、好きなノブナガのパネル。登場すれば期待大の主役キャラだが、60回転目の激アツ・赤保留からのリーチは弱い千リキュウ(千利休)で、あっさりハズレ。「萌えカットインもあって赤保留。さすがに当たるかと…」と悔しそうだ。142回転目の緑保留での復刻演出「ストック連続予告」も不発。さらに200回転を超えると、3か月連続ボウズを予期させる悪い空気が漂う。

 「この展開、おなじみですね…」と弱気も出たが、236回目に反撃ののろしは上がった。10周年記念カットインから「大堀切の奮闘」で「一一一」! とりあえずボウズを免れたが、7R後の電サポは100回終了。時短だった。「ホッとしたけど、単発。この展開もよく知っています…」。

 だが、これまで停留していた運気が開放される。時短明け25回転目で「戦」保留からの「大堀切―」をモノに。「『激アツ乙女』の音予告があったんですよ!」と、してやったりの表情だ。

 電サポは100回転に達したが、継続ジャッジで確変が確定して100回転追加。ほどなく虹色ボタンの確定演出からの「二二二」が黄金の「七七七」に昇格して2400発を獲得した。

 さらに「何これ?」と首をひねった演出が発生したが、キャラクターが「ありがとう」と10周年のご愛顧を感謝する全回転リーチで、また「七七七」。この連チャンが5まで伸び、出玉はガッツリ9585発。初当たり分を加えて1万発を突破した。「ギリギリの万発ですが、これまでの失態を取り戻せたかな? 結果が出てよかった★」。ドル箱7箱の収穫を喜んだ。

 ◆有井 なつ実(ありい・なつみ)1991年7月2日生まれ。27歳。大阪府出身。パチ&スロ歴7年。サンテレビ「P・style パチンコ&パチスロ 実践TV」(金曜・深夜1時)でMCを務める。オフィシャルブログ「the real me」やツイッター、インスタグラムで近況を報告中。趣味は海外ドラマ観賞、カラオケ。3サイズはB86・W58・H88センチ。

パチンコ
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)