【有井なつ実の勝負ありぃ!!】パチスロ「HEY! 鏡」(大都技研)

2018年11月9日6時0分  スポーツ報知
  • AT「慶志郎チャンス」をゲットして、どうだとばかりポーズを決める有井なつ実

 パチパチホーチ実戦ナビゲーターを務める、モデルでタレント・有井なつ実(27)が、今月も大阪の激戦区・なんば千日前の人気ホール「123難波店」で真っ向勝負! パチスロの新台「HEY! 鏡」(大都技研)にアタックした。同社の「番長シリーズ」のスピンオフ機種として6号機のデビューを飾った記念マシンを攻略し、新時代の扉を開くことができるか!?

 寒さがますます厳しくなってきた晩秋。来月は「師走」だが、なつ実ちゃんは1か月早く、忙しく走り回っている。今月に入り、店をオープンさせたのだ。

 大阪市西区北堀江1丁目にペットサロン「WE LOVE DOG」を開店。トリマーの姉との共同経営で、トリミング、ホテルのサービスを提供する(猫はホテルのみ)。「犬が好き過ぎて。お姉ちゃんと将来、何かやりたいなって話をしていたんです」。タレント業も兼ねながらなので、もっぱら裏方だが「犬や猫に癒やされながら頑張りたい」と充実の日々を送っている。

 今回の実戦もワンダフルな結果を期待したい。犬や猫に関連する機種が見当たらないので(「CR犬夜叉」はありますが)、今、取り上げるべきは6号機。「―鏡」はボーナス、ATとも1G純増約5・0枚というスピード感がウリで、シマはなかなかの盛況ぶりだ。

 先月の実戦で快勝した5・9号機「ルパン三世 世界解剖」も同じ純増5枚だが「『鏡』は目押しがいらないので、体感的にはこちらの方が速いです。サクッと打つ時にいいですよ。ATの上限2400枚という規制はありますが、まだエンディングを見たことがない。ぜひ行ってみたいですね」と手ぐすねを引いた。

 ゲーム性は、ほぼ番長と同じ。何度も「特訓」に入るものの、なかなかバトルで勝てなかったが、321回転目でやっとバスケ対決に勝利。「JET BONUS」を獲得した。「ちょっと遅かった。初当たりはせめて200回転…いや、欲を言えば100回転までに欲しい(苦笑)」。反撃へ意気込んだが、消化後の高確率モード「ドライブゾーン」は、一番期待度が低い「バス 15G」で「終わった…」。しかし、強チェリーで見事、AT「慶志郎チャンス」をたぐり寄せた。

 「ラッキーです★」と引きの強さを見せつけたが、ベルナビは30G止まりで、ボーナスと合わせて305枚終了。プラス領域には届かなかった。次のドライブゾーンもバスで、ここはスルー。次回当たりは212回転目後のボーナスのみで、この持ちコインも消滅した。

 ATゲットの最低ミッションはクリアしたが、ニャンとも微妙な結果…。「『HEY!カウンター』の数値が100以下の時の特訓は期待度が高くて、何度も出たんですが、つかみ切れませんでした」と敗者の弁。今後は次第に6号機に移行していくが「台選びとヤメ時の見極めがより大事になります。でも、良いモード示唆が出ると、やめにくいんですよね(笑い)」。ペットサロン経営とともに、未来を見つめるなつ実ちゃんだった。

 ◆有井 なつ実(ありい・なつみ)1991年7月2日生まれ。27歳。大阪府出身。パチ&スロ歴7年。サンテレビ「P・style パチンコ&パチスロ 実践TV」(金曜・深夜1時)でMCを務める。オフィシャルブログ「the real me」やツイッター、インスタグラムで近況を報告中。趣味は海外ドラマ観賞、カラオケ。3サイズはB86・W58・H88センチ。

パチンコ
注目トピック