【有井なつ実の勝負ありぃ!!】「CRフィーバー バイオハザード リベレーションズ」(SANKYO)

2019年1月18日6時0分  スポーツ報知
  • 319回転を回しても当たらず“引き弱”ぶりに複雑な表情のなつ実ちゃん

 パチンコ&スロット大好きタレント・有井なつ実(27)がナビゲーターを務める「勝負ありぃ!」。今週も大阪府東大阪市の大型ホール「123+N布施店」にお邪魔して、「CRフィーバー バイオハザード リベレーションズ」(SANKYO)で2019年パチンコ初実戦に臨んだ。先週のパチスロは、お得意の「バジリスク絆」でイッキ快勝。絶好の流れに乗って、パチンコも続くか!?

 ちょうど2週間後の2月1日、プロ野球がキャンプインして“球春モード”に突入する。本企画でも何度か取り上げているように、野球好きのなつ実ちゃんは地元のオリックスバファローズに熱視線を送っている。大ファンというほどではないが「昨年も30試合は見に行ったかな。思い立ったらすぐチケットが買えるのがいいところ(笑い)」。

 ただ、昨季4位に終わったチームの現状への視線は厳しい。「Bクラスなのに、西さん、金子(弌大=ちひろ)さんが抜けても大型補強をしていない。マークも新しい『B』より、やはり『Bs』の方が愛着があるし…」と、少しイライラ気味だ。

 チーム防御率は3・69と12球団NO1だっただけに、投手力の低下が危惧されるが「先発に若い子が出てきて、守りの野球はできてきている。あとは打撃ですね。投手が抑えているのに、かわいそうな負けが多かったので…」。パチ&スロも打率が肝心。19年パチンコ初戦も先制して守り切りたい。

 実戦機は、メーカーが大一からSANKYOに移った「バイオハザード」。人気アクションゲームがモチーフで「スロットでは『バイオハザード6』を打ってました。ゲーム版は画面酔いして迷子になるのでやりませんが(苦笑)」。初当たりの確変突入率が40%と厳しいが、確変に入れば65%で2400発。かなりのギャンブル台だが、勝利をつかめばミドルスペックの苦手意識も払拭できそうだ。

 「『810(バイオ)』が止まれば何かが起きるので、分かりやすいんです」―29回転目、銃弾役物が作動し、激アツの「クリス参戦」まで確率2分の1まで発展したが、頼れる相棒は合流せず。「銃の色が赤じゃなかったですから、やはり厳しい」と、まだ冷静だ。

 その後も豪華客船内を、大物ゾンビを淡々と探索するが、保留変化は紫色ばかり。一見、信頼度の高そうな色だが本機では一番下。実は、これを超える発展は以後も出てこなかった。

 171回転目、カプセル役物作動から期待度★3つ半の「レイチェルウーズ急襲」に発展したが空振り。203回転目、赤カプセルからのVSスキャグデッドも、赤発展に至るもののあっさりハズレで「赤色はもっと大切に使ってほしいですよね…」とガックリ。

 液晶のセリフ画面でジルが「あきらめないで。まだチャンスはあるわ」とエールを送ってきたが、何も起きずに確率分母数の319回転に達し、ジ・エンド。せめて激アツ演出ぐらい見たかったが「あと100回転回してくださいと言われても無理。完敗です」。昨年は8勝4敗だったパチンコ実戦の“初打席”は、何も手が出せず三振。オリックスと同様、打率アップが今年の課題だ。

 ◆有井 なつ実(ありい・なつみ)1991年7月2日生まれ。27歳。大阪府出身。パチ&スロ歴8年。ユーチューブ実戦動画などでも活動。オフィシャルブログ「the real me」やツイッター、インスタグラムで近況を報告中。趣味は海外ドラマ鑑賞、カラオケ。3サイズはB86・W58・H88センチ。

パチンコ
注目トピック