馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神

【日経新春杯】格上挑戦のガンコが3着健闘 芝の長丁場で新境地開いた

2018年1月14日16時58分  スポーツ報知
  • 酒井騎乗のガンコは、7番人気ながら3着と健闘

  ◆第65回日経新春杯・G2(1月14日、京都競馬場・芝2400メートル、良)

 伝統のハンデ重賞は、12頭によって争われた。1番人気のパフォーマプロミス(牡6歳、父ステイゴールド、栗東・藤原英昭厩舎)がゴール前で抜け出して、重賞初制覇を飾った。騎乗していたミルコ・デムーロ騎手は、この日6勝目と固め勝ちで、2018年の自身重賞初勝利を決めた。

 2着は逃げ粘った4番人気のロードヴァンドール(横山典弘騎手)、3着も2番手追走から流れ込んだ7番人気のガンコ(酒井学騎手)が入った。

 酒井騎手(ガンコ=3着)「2番手からでもリズムよく走ることができました。しぶとく脚を使うイメージだったので、早めに動いていきました。芝の長丁場がいいようですし、本物ですよ」

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)