馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 新潟 小倉 札幌

【中山牝馬S】4番人気のワンブレスアウェイは11着に沈む 戸崎「スタートで出てくれないので」

2018年3月10日17時16分  スポーツ報知

 ◆第36回中山牝馬S・G3(3月10日・芝1800メートル、中山競馬場、やや重)

 牝馬によるハンデ重賞は、6番人気でハンデ53キロのカワキタエンカ(牝4歳、父ディープインパクト=栗東・浜田多実雄厩舎、池添謙一騎手)が大外枠の14番枠から果敢にハナを奪って、そのまま逃げ切りVを決めた。デビューから10戦目で重賞初勝利となった。

 2着には2番人気でハンデ54キロのフロンテアクイーン(北村宏司騎手)が入り、接戦の3着には9番人気で52キロのレイホーロマンス(岩崎翼騎手)が続いた。

 柴田大知騎手(ゲッカコウ=6着)「うまく運べた。最後はもっと伸びるかと思ったが…。でもよく頑張っている」

 蛯名正義騎手(キンショーユキヒメ=7着)「いい感じで競馬はできた。もうひと伸びあれば。これから状態も上がってくるはず」

 三浦皇成騎手(エンジェルフェイス=8着)「思い描いていた競馬はできた。ただ直線は走り切れていない感じだった」

 石橋脩騎手(バンゴール=9着)「ゲートはもさっと出たので、腹をくくって後ろから。外に出してからはいい脚を使っている」

 戸崎圭太騎手(ワンブレスアウェイ=11着)「昔はポンと出たんだが…。スタートで出てくれないので」

 内田博幸騎手(シャルール=13着)「折り合いはついていた。でもこういう緩い馬場はいまいちなんだろうね」

 黛弘人騎手(オートクレール=14着)「枠が悪く、外を回る形になってしまった」

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)