馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 中山 阪神

【内尾と川上が3歳牡馬戦線を占う】オブセッションは弥生賞でまさかの7着…スプリングS出走のライトカラカゼに期待!

2018年3月13日6時0分  スポーツ報知

 内尾(以下、内) 「本社杯の弥生賞が終わって、ダノンプレミアムの“一強”ムードが強まってるね。」

 川上(以下、川) 「穴党としては波乱の可能性を諦めきれません! 今週は若葉SにスプリングSと盛りだくさんです。」

 内 「君が2冠馬に推したオブセッションは弥生賞でまさかの7着。」

 川 「小結でしたが、番付外にせざるを得ませんね…。」

 内 「同3着のジャンダルムは2ランクのアップ評価。その馬にホープフルSで完勝してるタイムフライヤーは若葉Sで復帰。ここでは格が違うでしょ?」

 川 「やや手薄な印象ですしね。一方のスプリングSは多士済々。賞金400万組も侮れません。15年アメリカJCC覇者クリールカイザーの全弟ライトカラカゼは血統的にも中山巧者です。」

 内 「G1・2着馬ステルヴィオが好走すれば、ダノンプレミアムの評価もますます上がりそう。」

 川 「昨年の皐月賞馬アルアインを輩出した毎日杯も残しますが、今週で皐月賞の輪郭が見えてきそうですね。」

PR
競馬
今日のスポーツ報知(東京版)