馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 中京

【大阪杯】8番人気のダンビュライトは6着 浜中「バテずに頑張っている」

2018年4月1日17時22分  スポーツ報知
  • 6着のダンビュライト

 ◆第62回大阪杯・G1(4月1日、阪神競馬場・芝2000メートル、良)

 昨年からG1に昇格した春の古馬中距離王決定戦は、1番人気のスワーヴリチャード(牡4歳、栗東・庄野靖志厩舎)が、ミルコ・デムーロ騎手の好騎乗でG1初制覇を飾った。

 2着には6番人気のペルシアンナイト(福永祐一騎手)が入り、2番人気のアルアイン(川田将雅騎手)が3着に続いた。

 浜中俊騎手(ダンビュライト=6着)「2番手からうまく運べましたが、勝ち馬が動いたときに離されてしまった。それでもバテずに頑張ってくれてるんですけどね」

 田辺裕信騎手(トリオンフ=8着)「ゲート内の態勢が悪い時にスタートを切られてしまった。思っていたより後ろからになったが、道中も流れなかったからね」

 四位洋文騎手(スマートレイアー=9着)「いい位置を取れたけど、3コーナーで一気にペースが速くなったときに置かれてしまった。最後はまた来てるんだけどね」

 松山弘平騎手(メートルダール=10着)「最後までしっかりと脚はつかってくれてますが、難しい展開になりました」

 酒井学騎手(ヤマカツライデン=11着)「折り合いがつきすぎた感じでした。もう少しペースを上げた方がよかったのかもしれません」

 松岡正海騎手(ウインブライト=12着)「スムーズに先行できましたが、3角からついていけなくなりました。相手が強かったですね」

 北村友一騎手(マサハヤドリーム=14着)「上手に折り合い、よく伸びています。相手が強かったです」

 幸英明騎手(サトノノブレス=15着)「もっと前で競馬がしたかったんですが…」

PR
競馬
注目トピック