馬トク指数・外厩データ入り馬トク出馬表・指数データ・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中 東京 京都 中京

【オークス】アーモンドアイが圧勝で2冠達成 連覇のルメールは誕生日V

2018年5月20日15時59分  スポーツ報知
  • 東京競馬11Rオークスを制したアーモンドアイ(カメラ・川口 浩)

  ◆第79回オークス・G1(5月20日・芝2400メートル、東京競馬場、良)

 牝馬2冠目は、1番人気の桜花賞馬アーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎、クリストフ・ルメール騎手)が直線で抜け出し、2馬身差をつける圧勝。史上14頭目の春牝馬2冠を達成した。この日が39歳の誕生日だったルメール騎手は、昨年のソウルスターリングに続く史上6人目のオークス連覇となった。国枝調教師は10年の3冠牝馬アパパネ以来の制覇となった。

 2着に4番人気のリリーノーブル(川田将雅騎手)。2番人気の2歳女王ラッキーライラック(石橋脩騎手)は3着に敗れた。11番人気のレッドサクヤが4着、5着は6番人気のマウレア(武豊騎手)だった。

 ルメール騎手(アーモンドアイ=1着)「完璧なレース。馬はテンションがちょっと高かった。スタートで早めにいいポジションを取れました。それからずっとリラックスして、直線はすごくいい脚を使って加速しました。(距離は)問題なかったです。彼女はとても乗りやすいです。彼女が仕事をすごくしています。(3冠について)桜花賞の後にトリプルクラウンを考えることができますと言いました。今回は2400メートル。秋(秋華賞)は2000メートル。行けそう、行ける(笑い)。(海外でも通用する?)特別な牝馬だと思います。ポテンシャルが高いです。海外でもいける。でも馬主さんと調教師さんが考えていますね。(きょうは誕生日でしたと言われ)メルシーボークー」

PR
競馬
注目トピック